プロフィールビデオ制作のポイント


プリフィールビデオの準備
プロフィールビデオに使う写真選び。ここはだれしもが迷う第一の壁とも言えるところかと思います。写真選びのポイントですが、なるべく同じ年代に偏らずに準備する事ができれば、その人の成長がわかりやすく伝わり、またどんな道のりを歩いてきたかが伝わりやすくなるでしょう。例えば新郎パートの写真を10枚使用する場合、乳児時代を3枚・学生時代を4枚・最近の写真を3枚とこんな風に集めれば来賓者の方々にも伝わりやすいかと思います。趣味や部活動の写真も、「へ〜 こんな事をやってたんだ!」と来賓者様の興味を集められることでしょう。
また特定の年代の写真がなかった場合、文字を使って上手く演出する事もできます。例えば、小学校時代の写真がまったく無かった場合、幼稚園の写真から一気に中学校時代の写真にとぶ事が抵抗あるようでしたら、黒背景の画面に文字を出し「おてんばだった小学校時代。よく怪我をして両親を困らせていました。」こんな風にテロップやキラキラなどのCGを利用して足りない写真をカバーする事も可能です。


卒業アルバムを使用する方法
プロフィールビデオに、学生時代の卒業アルバムの写真を使用したい場合、スキャンの変りにデジカメで撮影するという方法があります。これは卒業アルバムに限らず、例えば写真を本などに張り付けてしまっていて弊社に郵送できない場合にも適用できます。やり方は至って簡単でデジカメで使用したい写真を撮影して頂き、そのデータ画像をメール送付して頂きます。この際のポイントですが、高解像度でフラッシュを使用せずに撮影して下さい。フラッシュを使用すると写真に光が反射して光ってしまいます。また、ピンボケしやすいので手振れにも気をつけて撮影して下さい。テーブルなどを利用し肘を固定して撮影すると手振れしずらいかと思います。
使用したい写真以外の部分(余白など)も写ってしまうと思うのですが、弊社にて不要部分の加工(トリミングなど)致しますのでご安心下さい。


オープニングビデオ・ロールレターについて
オープニングビデオについてです。サンプル動画をご覧頂ければわかりますが弊社のオープニングビデオは笑いが起きる映像となっております。オープニングビデオはまさに入場前に上映します。新郎新婦様はもちろん、ご来賓の皆様も緊張している場面です。オープニングビデオで会場の空気を一気に盛り上げ、主役のお二人が登場した時に最高潮に達する。そんな映像になっております。また、ゲストの写真を使用すればその方もいい記念?になるんじゃないかなと思います。
次にロールレターについてです。ロールレターとはプロフィールビデオの最後にお手紙(文章)を流します。写真だけで完結せず心のこもったお手紙で終わらすことによって、映像全体が締まります。文章の内容は、来賓者様全体に向けてだったり、ご友人、ご両親向けだったりと様々です。どんな内容でも心のこもったお手紙には、きっと来賓者様の心も幸せな気持ちにしてくれる事でしょう。



ビデオレター、動画挿入に挑戦
「普通のプロフィールビデオでは物足りない。もっと凝った作品でみんなを驚かせたい!」そんなお客様には是非、動画をお勧め致します。動画というとなんだか撮影があったり、ビデオカメラの用意があったりと、敷居が高く感じるかもしれません。でも今は全然そんな事ないんです。例えばビデオカメラを持っていなくても最近のデジカメではほとんど動画撮影が可能です。デジカメで手軽に撮影したビデオレターを是非、プロフィールビデオの最後に使用してみてはいかがでしょうか?生い立ちのスライドを流して最後に来賓者様に向け新郎新婦様からのビデオレター(ちょっとした挨拶やお礼の言葉、抱負など)をつければ、それだけで作品イメージがガラリと変わります。撮影だって至って簡単です。テーブルなどにデジカメを置いて録画するだけ。前後の不要シーンなどは弊社でカットしますので問題ございません。これだけで、周りとは一味も二味も違う作品になるものです。何年後かに2人で見返した時の事を考えるだけで楽しいものですよね。





|HOME|


 お客様の声  よくあるご質問 制作の流れオプションお申込・ご相談
 個人情報保護方針 特定商取引に基づく表示プロフィールビデオのポイントBlog

映像制作事業 K-FILM 
tel:03-5843-6435/担当者携帯080-1398-2469

Copyright(C) 2017 結婚式のプロフィール ビデオならK-FILM. All Rights Reserved
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。